究極のバウムクーヘン

抹茶バウムクーヘン

Baum Kuchen

抹茶は陽光に弱く、儚い。 だからこそ香りと味わいを保つことが難しい。 茶を扱うプロフェッショナルが納得する「抹茶バウムクーヘン」を作りたい。そこから始まった抹茶バウムクーヘンは、本質を追求した。 抹茶が持つ高貴さとバウムクーヘンの質感を守るために、 光を遮断する包装まで考慮する。 素材への尊敬と敬意が伝わると考えた結果である。

上質のバター・卵をふんだんに使用し、
添加物を一切使わず生地を作成。
熟練の職人が一層一層丁寧に焼き上げた抹茶のバウムクーヘンは
豊かな風味としっとりとした味わいを楽しめます。
宇治茶の老舗である丸久小山園が
特別に選りすぐった抹茶を贅沢に使用。
抹茶本来の味を最も活かせるよう、ユーハイムが配合率を究極にこだわった、
まさに究極の抹茶のバウムクーヘンです。

又玄

宇治川の川面で、露に包まれて育てられた緑あざやかな一番茶の碾茶を、丹念に石臼で細かく碾き上げる。
香りは新鮮で、のどごしもよく、旨味と渋味が程良く調和。茶道を始め、多くの方々から親しまれている高級宇治抹茶です。
茶銘の由来は、老子の言葉『玄之又玄、衆妙之門』よりの出典。奥深い上にも、なお奥深い道の広大無辺であることの形容で、優れたものの中の更に優れたものという意です。

丸久小山園

元禄年間、茶に適した宇治小倉の里にて創業。
以来、代々品質本位の茶づくりに専念。宇治茶の伝統と品質の改善に努め、
栽培から製造まで一貫して行っている。
現在も茶鑑定競技会日本一の実績の園主が品質管理を行い、
全国の有名な社寺、茶道宗家等、多くの人々に愛用されている。
自園出品茶全国茶品評会第1位、農林水産大臣賞等、受賞歴多数。
http://www.marukyu-koyamaen.co.jp/

究極のバウムクーヘン