究極のバウムクーヘン

本物が知る本物。 美味しさの追求だけにとどまらず、 歴史・文化・産地・技術などを徹底的に研究する。 それは日本ならではの伝統を取り入れた、 新たな洋菓子を作りあげることに繋がった。 そのチャレンジはまだ始まったばかり。

ユーハイム

1909年、ドイツ人のカール・ユーハイムが青島にて創業。
1919年に日本で初めてバウムクーヘンを焼き、世に広める。
「まっすぐなおいしさ」にこだわり、不必要な添加物等を使用しない商品づくりを今もなお続ける。
また、ドイツの国家資格である「マイスター」の育成にも力を入れ、現在5名のマイスターが在籍する。
2009年に創業100周年を迎える。
http://www.juchheim.co.jp